© obias.jp All rights reserved.

1118_03

20159/21

モコモコ泡が効果的!美白効果のある泡洗顔の方法

美容に興味がある女性なら泡洗顔の存在をご存知かと思います。泡で肌に刺激を与えずにしっかり汚れを落とす、この泡洗顔はお肌そのものの美しさを引き出せる洗顔方法です。今回は泡洗顔で美しくなる為に正しい泡洗顔の方法についてご紹介して参ります。

泡洗顔のメリットを活かす
泡洗顔のメリットは、細かい泡が肌のキメの奥に入り込むことで刺激を与えずに高い洗浄力を得られ、古い角質、毛穴の汚れをしっかり取り去り、くすみを解消して美白効果を得られる点です。この泡洗顔を毎日続けていれば、キメの整った美しい白い肌を保つことができるので、正しい洗顔方法をしっかり行って美肌を手に入れましょう。

【泡洗顔に必要なもの】

・泡立てネット
泡立てネットはもっちりしたもこもこの泡を作ってくれるので必ず使いましょう。

・洗顔料
泡洗顔は肌の角質の奥まで洗浄するので、洗顔後の乾燥を防ぐ為にもコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分配合の洗顔料を使うのが理想です。

・ぬるま湯
洗顔に使用する水は、熱すぎても冷たすぎても肌に刺激を与えてしまいます。人肌に近い34~38度程度のぬるま湯を使用してください。

shutterstock_71382304

【美肌に近づく泡洗顔方法】

1.手をよく洗い、顔をぬるま湯ですすぐ
手に雑菌がついていると洗顔する意味がなくなるので手をよく洗いましょう。洗顔料を顔にいきなりつけると摩擦を生むので、顔を数回ぬるま湯ですすいで濡らしましょう。

2.泡立てネットで泡立てる
泡立てネットをぬるま湯で軽く濡らし、洗顔料をのせて両手で揉み込むようにして泡立てていきます。泡はできるだけ細かく、もっちりと弾力がある方が洗浄力も高まりますのでよく泡立てるのがポイントです。

3.油っぽいTゾーンから洗う
額や鼻筋はとても油っぽく毛穴が目立つので、まずTゾーンに泡をのせて汚れをかき出すイメージで指を優しく動かします。洗うときは指を肌に当てるのではなく、指で泡を動かしてお肌の汚れをかき出すように振動させるのがポイントです。

4.ニキビが出来やすいUゾーンを洗う
女性のがニキビで悩む場所が顎から頬にかけてのUゾーンですので、泡をたっぷりのせて優しくマッサージ洗いをします。全体に泡が馴染んだら、汚れを浮かせるイメージでらせんをかくように指先を動かしましょう。

5.デリケートな部分は一番最後
目元や口元など皮膚が薄い場所は泡を優しくなじませ、泡だけをそっと動かして洗いダメージを与えないようにします。特に目の周りは皮膚が薄くシワになりやすいので、よく注意して洗いましょう。

6.首筋も忘れずに優しく洗う
薄くてシワになりやすい首の皮はお顔につながっているので、顔と同じ皮膚と考えて優しく洗うのが正解です。
泡でリンパマッサージをするように、鎖骨からフェイスラインに向かってなで上げながら優しく洗いましょう。

7.泡をぬるま湯で洗い流す
泡を流す時に顔をこするとお肌の刺激になるので注意しましょう。両手でぬるま湯を顔にかけてそっと洗い流し、生え際、目鼻のくぼみ、耳の横、などは泡が残らないようしっかりすすぎましょう。

8.タオルで優しく水分を取る
タオルでゴシゴシと拭くのは厳禁です、タオルを広げて顔を包み込み、顔をそっと押さえて優しく水分を吸い取ります。
shutterstock_86674216
洗顔後は、5分以内に保湿をすることを忘れないようにしましょう。正しい泡洗顔を実践するようになると、お肌がモチモチとしてパッと明るくなってきます。ワンランク上の素肌を手に入れるため、しっかりとケアを行っていきましょう!

関連記事

髪の生え際にできるニキビの原因と対処法は?

20164/19

髪の生え際にできるニキビの原因と対処法は?

髪の生え際にニキビができて困ってしまったことはありませんか? 生え際はどうしても髪が触れやすいので、やっと治ったと思っても繰り返しでき…

放っておくとこわいたるみ毛穴!その原因と対策とは?

20163/14

放っておくとこわいたるみ毛穴!その原因と対策とは?

ふと鏡を見て、毛穴が気になり年齢を実感する……そんな経験ありませんか? 頬の毛穴が帯状に広がってしまうたるみ毛穴、年齢のせいとあき…

朝みかんはシミの原因?紫外線の吸収を助長する光毒性とは

20163/7

朝みかんはシミの原因?紫外線の吸収を助長する光毒性とは

冬はこたつでみかんが美味しい季節です。たくさん買って、気付くとみかんを食べている……なんていう方も多いのでは? 手軽に食べられ、ビ…

冬こそ油断禁物! 今すぐ実践すべき「シミ対策」

20162/29

冬こそ油断禁物! 今すぐ実践すべき「シミ対策」

老けてみられる原因となってしまうシミ。 できるだけ作りたくないのなら、冬こそシミ対策が必要だってご存じでしたか? その詳しい…

column0222_02

ほうれい線が消える!? 話題のベロ回しエクササイズとは

ほうれい線が目立ってくると、気分もがっくり落ち込んでしまいますよね。 でも諦めてしまったら、ますますたるみやシワは進行してしまいま…

目元のシワ改善に効果的なエクササイズ方法

20162/15

化粧水をぐんぐん吸う!? 浸透力の高い肌の作り方3選

肌の潤いを保つためには、良い化粧品を使うだけでは十分ではありません。 なぜならお肌の浸透力を高めてこそ、お肌に潤いを与えることがで…

目元のシワ改善に効果的なエクササイズ方法

目元のシワ改善に効果的なエクササイズ方法

老けて見えてしまう目元のシワ。 「加齢のせいだから仕方ない……」とあきらめていませんか? エクササイズで目の周囲の筋肉を鍛えるこ…

顔の産毛を処理した後のアフターケア方法

顔の産毛を処理した後のアフターケア方法

腕や脚のムダ毛処理と同様に、顔に生えた産毛の処理も美容に欠かせないケアの1つです。 すべすべのお肌をキープするために定期的に行って…

やっちゃった! メイクしたまま寝たときの対処法

20161/25

やっちゃった! メイクしたまま寝たときの対処法

残業が続いたり、夜遅くまで遊んでしまったりしたときに「帰ってきてメイクを落とさずに寝てしまった」という経験をしたことがある女性も多い…

冬のガサガサ唇をぷるぷるに! 唇の保湿テクを紹介

20161/18

冬のガサガサ唇をぷるぷるに! 唇の保湿テクを紹介

冬になるとお肌だけでなく、唇まで乾燥してガサガサになってしまいますよね。 「リップを塗ってケアをしていても、なかなか改善されない …

「肌の乾燥 と「コラーゲン減少 」で肌は硬くなる! 対策法は?

20161/12

「肌の乾燥 と「コラーゲン減少 」で肌は硬くなる! 対策法は?

年齢を重ねるにつれて、肌の弾力性は落ちていき、硬さを感じるようになってきます。 いつまでも赤ちゃんのようなぷるぷるなお肌でいたいで…

リフトアップに効果的!? お風呂で行う「頭皮マッサージ方法

リフトアップに効果的!? お風呂で行う「頭皮マッサージ方法

リフトアップを意識すると、顔のお手入れをメインにしてしまいがちです。 しかし、リフトアップしたいなら「頭皮」にも目を向けること…

乾燥肌の大敵! 冬の紫外線対策方法

201512/7

乾燥肌の大敵! 冬の紫外線対策方法

夏と比べて日差しが穏やかな冬には、紫外線対策をそこまで重視しなくてもいいイメージがありますね。 しかし実は、冬も夏と同様に、む…

column1130_02

今すぐチェック! 顔を大きく見せるNG生活習慣

「あれ?私、顔太った?」 体型が変わったわけでも、体重が増えたわけでもないのに、顔だけが大きくなったような気がする……そんな経験はあり…

肌の透明感を取り戻そう! 「3つの方法」とは?

201511/27

肌の透明感を取り戻そう! 「3つの方法」とは?

「肌がもともと白くないから、透明感とは無縁……」 そんな風には考えていませんか? しかし、その考え方は間違いです。 「肌の色次…

むくみ・冷えに効く! 冬においしい美容食材とは?

201511/25

むくみ・冷えに効く! 冬においしい美容食材とは?

冬の足音が聞こえる季節になりましたね。朝晩などはすっかり冷えて、冷え性に悩まされている方も多いのでは? 体が冷えると老廃物が溜まり…

shutterstock_239297989

老けて見える? 下まぶたのシワの原因&解消ケア方法

いつの間にかできて、老けた印象を与えてしまうのが「下まぶたのシワ」です。「消したくても、どんなケアをして良いか分からない……」という人も多い…

shutterstock_250909132

顔より重要!? 若々しさを保つ首ケア&エクササイズ

首の皮膚は、顔の皮膚と同じように薄くてデリケートです。そのため、しっかりケアをしないとシワやたるみが発生し、見た目年齢の上昇に繋がってしまい…

shutterstock_192416843

美容やダイエットのために避けたい「朝食の食材」とは?

朝食はパン派、ご飯派、シリアル派、スムージー派などさまざまな方がいらっしゃいます。しかし、美容面から朝食にNGな食材があることをご存知でしょ…

1118_05

201510/5

意外と知らない!? ホクロができる原因と3つの予防法

チャームポイントにもなれば、コンプレックスにもつながってしまうのが「ホクロ」です。特に、顔にできると場所によっては厄介なもの。なぜホクロはで…

ページ上部へ戻る