© obias.jp All rights reserved.

肌の透明感を取り戻そう! 「3つの方法」とは?

201511/27

肌の透明感を取り戻そう! 「3つの方法」とは?

肌の透明感を取り戻そう! 「3つの方法」とは?

「肌がもともと白くないから、透明感とは無縁……」
そんな風には考えていませんか?
しかし、その考え方は間違いです。
「肌の色次第で透明感が得られない」ということはありません。

肌の透明感は、肌の表面と真皮と呼ばれる肌の内部でキレイに光を反射することで生まれます。肌荒れや血行不良など起こっていると、光をキレイに反射することができなくなり、くすんだ印象の肌となってしまうのです。
反射を阻む原因を知り、きちんと対策を練ることが必要です。

血行状態も肌の透明感を左右する!

赤ちゃんの肌は、バラ色で赤みがあり透明感がありますよね。一方で、透明感のない肌はくすみがちで顔色も冴えません。血行不良になると体の隅々まで十分な栄養が運ばれないため、肌の生まれ変わりであるターンオーバーも乱れがちになってしまいます。肌の透明感を手に入れるには、血行を改善することが欠かせません。

血行不良の原因となるのは、冷えや睡眠不足、運動不足などさまざまなものがあります。このような血行不良は、しっかりと湯船に浸かることが重要です。水圧により血液の循環が促されると言われています。またしっかり温まることで、冷えを予防してくれることでしょう。
さらに、バススタイム後に、マッサージなどで血流を促すことが大切です。ポイントは強すぎる力で行わないことです。

口角に左右それぞれの薬指を当てて、優しく引き上げるだけのマッサージでも毎日行うと違いは現れますよ。

古い角質が取り除かれないと、肌の透明感は失われる

肌の透明感を取り戻そう! 「3つの方法」とは?

加齢による肌のターンオーバーの乱れなどで、古い角質が正常に排出されず肌に蓄積されると、肌の透明感が失われてしまいます。さらに肌のターンオーバーが乱れると、メラニン色素などが沈着しやすくなるので、シミもできやすくなってしまいます。
これらを防ぐためにも、十分な睡眠を摂ったり、栄養バランスの良い食生活を心がけたりして、肌のターンオーバーを正常にすることが重要です。

さらに、ピーリングやスクラブ洗顔を行い、通常の洗顔だけでは落とせない不要な角質を取り除くことも重要です。
ただし、スクラブ洗顔は注意が必要です。ザラザラとした感覚を好む方もいますが、正しい洗顔方法としては、泡立てネットなどを使って、泡を作り優しく洗うことです。週に1〜2回の目安で行ってください。

また、スクラブ剤が毛穴に残らないように、すすぎは洗顔時以上に時間をかけて行いましょう。そして水分を取るときは、タオルに水分を移すように優しく肌にのせます。

肌の透明感を取り戻そう! 「3つの方法」とは?

洗顔後の【十分な保湿ケア】が透明感のカギとなる!

肌に透明感がないように見える方は、肌の水分量が約25%以下といわれています。肌に透明感があるように見せるには、最低でも40%は欲しいところです。女性の理想の肌といわれる赤ちゃんの肌の水分量は60%以上という報告もあります。

通常のスキンケアで十分な水分を与えられていない場合は、ローションパックをオススメします。

■ローションパック方法
1. ティッシュやコットン、キッチンペーパータオル、パック用のシートなどを用意します。用意した①を水で濡らし、軽く絞ります。
2. ポタポタ垂れない程度に化粧水を、1に浸み込ませます。
3. 顔に乗せて3分待ちます。
4. 顔から外し、残った化粧水は手で肌の奥に浸透させるように優しくプレスします。
5. クリームでフタをします。

肌の透明感を手に入れるには、まず一週間続けてみてください。

ポイントを押さえたケアで透明感あふれる肌へと近づきましょう!

関連記事

髪の生え際にできるニキビの原因と対処法は?

20164/19

髪の生え際にできるニキビの原因と対処法は?

髪の生え際にニキビができて困ってしまったことはありませんか? 生え際はどうしても髪が触れやすいので、やっと治ったと思っても繰り返しでき…

放っておくとこわいたるみ毛穴!その原因と対策とは?

20163/14

放っておくとこわいたるみ毛穴!その原因と対策とは?

ふと鏡を見て、毛穴が気になり年齢を実感する……そんな経験ありませんか? 頬の毛穴が帯状に広がってしまうたるみ毛穴、年齢のせいとあき…

朝みかんはシミの原因?紫外線の吸収を助長する光毒性とは

20163/7

朝みかんはシミの原因?紫外線の吸収を助長する光毒性とは

冬はこたつでみかんが美味しい季節です。たくさん買って、気付くとみかんを食べている……なんていう方も多いのでは? 手軽に食べられ、ビ…

冬こそ油断禁物! 今すぐ実践すべき「シミ対策」

20162/29

冬こそ油断禁物! 今すぐ実践すべき「シミ対策」

老けてみられる原因となってしまうシミ。 できるだけ作りたくないのなら、冬こそシミ対策が必要だってご存じでしたか? その詳しい…

column0222_02

ほうれい線が消える!? 話題のベロ回しエクササイズとは

ほうれい線が目立ってくると、気分もがっくり落ち込んでしまいますよね。 でも諦めてしまったら、ますますたるみやシワは進行してしまいま…

目元のシワ改善に効果的なエクササイズ方法

20162/15

化粧水をぐんぐん吸う!? 浸透力の高い肌の作り方3選

肌の潤いを保つためには、良い化粧品を使うだけでは十分ではありません。 なぜならお肌の浸透力を高めてこそ、お肌に潤いを与えることがで…

目元のシワ改善に効果的なエクササイズ方法

目元のシワ改善に効果的なエクササイズ方法

老けて見えてしまう目元のシワ。 「加齢のせいだから仕方ない……」とあきらめていませんか? エクササイズで目の周囲の筋肉を鍛えるこ…

顔の産毛を処理した後のアフターケア方法

顔の産毛を処理した後のアフターケア方法

腕や脚のムダ毛処理と同様に、顔に生えた産毛の処理も美容に欠かせないケアの1つです。 すべすべのお肌をキープするために定期的に行って…

やっちゃった! メイクしたまま寝たときの対処法

20161/25

やっちゃった! メイクしたまま寝たときの対処法

残業が続いたり、夜遅くまで遊んでしまったりしたときに「帰ってきてメイクを落とさずに寝てしまった」という経験をしたことがある女性も多い…

冬のガサガサ唇をぷるぷるに! 唇の保湿テクを紹介

20161/18

冬のガサガサ唇をぷるぷるに! 唇の保湿テクを紹介

冬になるとお肌だけでなく、唇まで乾燥してガサガサになってしまいますよね。 「リップを塗ってケアをしていても、なかなか改善されない …

「肌の乾燥 と「コラーゲン減少 」で肌は硬くなる! 対策法は?

20161/12

「肌の乾燥 と「コラーゲン減少 」で肌は硬くなる! 対策法は?

年齢を重ねるにつれて、肌の弾力性は落ちていき、硬さを感じるようになってきます。 いつまでも赤ちゃんのようなぷるぷるなお肌でいたいで…

リフトアップに効果的!? お風呂で行う「頭皮マッサージ方法

リフトアップに効果的!? お風呂で行う「頭皮マッサージ方法

リフトアップを意識すると、顔のお手入れをメインにしてしまいがちです。 しかし、リフトアップしたいなら「頭皮」にも目を向けること…

乾燥肌の大敵! 冬の紫外線対策方法

201512/7

乾燥肌の大敵! 冬の紫外線対策方法

夏と比べて日差しが穏やかな冬には、紫外線対策をそこまで重視しなくてもいいイメージがありますね。 しかし実は、冬も夏と同様に、む…

column1130_02

今すぐチェック! 顔を大きく見せるNG生活習慣

「あれ?私、顔太った?」 体型が変わったわけでも、体重が増えたわけでもないのに、顔だけが大きくなったような気がする……そんな経験はあり…

むくみ・冷えに効く! 冬においしい美容食材とは?

201511/25

むくみ・冷えに効く! 冬においしい美容食材とは?

冬の足音が聞こえる季節になりましたね。朝晩などはすっかり冷えて、冷え性に悩まされている方も多いのでは? 体が冷えると老廃物が溜まり…

shutterstock_239297989

老けて見える? 下まぶたのシワの原因&解消ケア方法

いつの間にかできて、老けた印象を与えてしまうのが「下まぶたのシワ」です。「消したくても、どんなケアをして良いか分からない……」という人も多い…

shutterstock_250909132

顔より重要!? 若々しさを保つ首ケア&エクササイズ

首の皮膚は、顔の皮膚と同じように薄くてデリケートです。そのため、しっかりケアをしないとシワやたるみが発生し、見た目年齢の上昇に繋がってしまい…

shutterstock_192416843

美容やダイエットのために避けたい「朝食の食材」とは?

朝食はパン派、ご飯派、シリアル派、スムージー派などさまざまな方がいらっしゃいます。しかし、美容面から朝食にNGな食材があることをご存知でしょ…

1118_05

201510/5

意外と知らない!? ホクロができる原因と3つの予防法

チャームポイントにもなれば、コンプレックスにもつながってしまうのが「ホクロ」です。特に、顔にできると場所によっては厄介なもの。なぜホクロはで…

shutterstock_271288454

20159/28

秋は美白を作る季節!秋に食べたいお勧め食材とレシピ

秋の肌は、夏のエアコンや気温で乾燥し、紫外線を浴びて疲労の蓄積していることがあります。そんなお肌には化粧品で美白ケアをするだけでなく、食べ物…

ページ上部へ戻る